大人の肌にできるにきびの原因について

にきびになるのは若い時だけだと思い込んでいる人もいますが、実際は、年配になってからのにきびもあります。大人になってからのにきびは、若い時よりも色が白く、一旦治っても同じ場所に再びできる傾向があるため、肌に負担がかかります。

赤くならない分、白いにきびはできてもわかりにくいものですが、ケアを十分に行えていないと、にきび痕になってしまうことがあります。大人になると、にきびをお化粧で隠してしまう人が多いようですが、にきびがさらに悪化する可能性があるので注意しましょう。

会社に行く時や、人前に出る時にはメイクをする女性の場合、にきびのできた場所に化粧をしないでおくことは難しいものです。人によってはにきびがあるとわかっていながら、上からメイクを施さなくてはならないことももあります。

成人後のにきびはなかなか治らないものでしたし、数日後には再び新たなにきびができる傾向があります。なぜ同じ箇所ににきびかできるのかといえば、肌のターンオーバーが停滞気味だからだといいます。

なぜターンオーバーが滞るのかといえば、肌質によって違うようですが、乾燥肌や、紫外線の作用などが関わっているようです。仕事のストレスや睡眠不足、飲酒、喫煙、栄養バランスが偏った食生活などが影響を与えることもあります。

お肌のコンディションが若い頃と比べて変化しており、化粧品の見直しをしなければいけない時期であるせいということがあります。どういう関わりで大人にきびができるようになっているかは人によって違うので、まずは状況を確認してみてください。

アヤナスのクリームで肌のターンオーバーを改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です