クレジットカードのショッピング枠と総量規制について

クレジットカードを利用してショッピングをしている人は少なくないと思いますが、ローンの総量規制は関係あるのでしょうか。総量規制は、ローンやキャッシングを利用する時に、年収の1/3をオーバーする支払い額にならないようにするというものです。

総量規制には対象となるローンと対象にはならないローンとがあり、消費者金融のカードローンは対象になります。消費者金融のカードローン以外の例えば、銀行系のカードローンや住宅ローン、マイカーローンなどは総量規制の対象にはなりません。

それで、クレジットカード決済のほうですが、ショッピングに使う時は、総量規制は関わりがありません。クレジットカードのショッピング枠でいくら利用していても、総量規制でいうところの借入金額にはならないのです。

ただ、総量規制というのは、過剰な借入を防ぐことを目的として制定されたという背景があります。クレジットカードのショッピング機能もいわば借金の一部であり、期日になったら支払わなければいけません。いくらクレジットカードでのショッピング枠が、総量規制の対象にはならないからといって、過剰な借入をする事だけは控えておきましょう。

返済方法をリボ払いにしている場合、金利は通常よりも高くなっているので、できる事なら利用しないようにするのが無難です。クレジットカードの中にはキャッシングにも使えるタイプがありますが、キャッシングに使うと総量規制に該当します。

現金が無くてもショッピングできるクレジットカードは大変便利なものですが、計画的に活用することが大切です。

アメックス・ゴールドカードのメリットとデメリット

クレジットカードでショッピングをした時の返済方法について

ショッピングをした時の支払いにクレジットカードを利用した場合における返済方法をよく理解しておく必要があります。カード会社からお金を借りて料金の支払いを済ませ、サービスや商品を受け取っているという手順になります。

クレジットカードでの買い物をする時には、支払い日をチェックしておいて、忘れずに返済をするようにしましょう。この後払いのシステムを自分の中でしっかり理解して、計画的な利用をすることが大切です。

商品を購入する際にクレジットカード決済を利用する際、返済するための方法を選択することが出来ます。クレジットカードで決済をする時には、お店の人から、何回払いで支払いを行いたいかを確認してもらえます。中には何回払いにするのかがすでに限定的なお店のところもありますが、基本的には自分で回数を選べるようになっています。

支払い残しがないように、クレジットカードの請求日になったら全額支払うという仕組みが、一括払いです。一括で精算するには手持ちのお金が不足しているという人は、分割払いにすれば、月々の支払金額が家計を圧迫せずに済みます。

ボーナス一括払い、ボーナス2回払いなどボーナス時期に一気に返済という方法をとることもできます。リボルビング払いという金額や利用回数に関係なく、毎月の返済金額を一定額に設定して返済していくというシステムもあります。

クレジットカードを使って決済をした時には、どんな支払い方法を選択するかは顧客の希望次第ですので、どんな支払い方法が自分に適しているかを考えるといいでしょう。

無印良品週間はエポスカードで決済しよう

クレジットカードを利用する時は手数料の確認を

新しくクレジットカードを選ぶ時は、手数料がかかるかどうかを調べる必要があります。年会費のかかるクレジットカードと、かからないクレジットカードがあります。お金をかけずにクレジットカードを所持したいという人は、年会費無料タイプのクレジットカードにするといいでしょう。

他にもクレジットカードの利用方法によって手数料がかかる場合とそうでない場合があります。ショッピングをしても一括払いの場合は、手数料がかからないことが多いようです。ショッピング目的でクレジットカード決済を行う時には、手数料がどのくらいかかるか把握しておきましょう。

ショッピングをする時に積極的にクレジットカードで買い物をすれば、ポイントが入りやすくなり、ポイント特典のサービスが利用しやすくなります。手数料が発生しないような使い方をする以外にも、クレジットカードのお得なサービスが使いやすくなる方法を探すのもいいでしょう。

手数料のかかるクレジットカードでも、サービスを利用することで差し引きでもお得になる使い方をすることもできます。クレジットカードによってサービス内容が異なるので、新たにカードを作る時や使用する時などに、内容を確認すると良いでしょう。

クレジットカードは長期払いになればなるほど手数料も高くなるので、手数料で損をしないような使い方をしていきたいものです。リボ払いの利点は毎月の返済金額が高くなりすぎないことですが、それが原因で完済まで時間がかかる場合があり、手数料額の増加につながる場合がありますので、注意してお金を使いたいものです。

リクルートカードは年会費無料です